S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
厚木基地のCVW-5
今日は、飛行機写真をよく撮りに行く厚木基地の飛行機たちを簡単に紹介しよう。
ここ厚木基地に配備されている米軍の航空機は『CVW-5(第5空母航空団)』に所属している。名前の通り、横須賀を母港としている空母キティーホークに搭載されるアメリカ海軍の航空戦力部隊である。このCVW-5は2006年現在9つの飛行隊を持っている。今回は4つのF/A-18部隊を紹介しよう。f0117665_19461143.jpg
①VFA-102 『Diamondbacks』F/A-18Fスーパーホーネットを運用している飛行隊。modex No.は100番台。F-14Aトムキャットを運用していたVF-154が2003年秋に本国に帰国したときに配備された飛行隊。離陸が高くいい写真を撮りにくいが、CAG機の塗装が派手で人気も高い。
←VFA-102のCAG機#100。


②VFA-27『Royal Mace』
F/A-18Eスーパーホーネットを運用している飛行隊。modex No.は200番台。VFA-102 以上に離陸が高く、離陸の撮影はお手上げ。

f0117665_19561130.jpg③VFA-192 『Golden Dragons』F/A-18Cホーネットを運用している飛行隊。modex No.は300番台。離陸も低くカッコいい写真が撮れる確率が高い。ルート4での離陸では、大きく捻って背中が見えるときも。→薄く捻りながら離陸するVFA-192 の#313。離陸の撮影は、捻り具合も楽しみの一つ。背中が丸見えに捻ったものをこの界では『バックリ』という。
f0117665_207830.jpg④VFA-195 『Dambusters』F/A-18Cホーネットを運用している飛行隊。modex No.は400番台。VFA-192と同様、かっこいい写真が撮れる確率が高い。
←VFA-195 のCAG機#400。各飛行隊のCAG機も飛行隊カラーを基調にド派手塗装が施されている。【CAG機とは・・・空母航空団司令官が乗る戦闘機。隊長機みたいなもの。】
現在は、このCVW-5の面々もキティーホークに搭載され航海中で、厚木基地には不在である。近いうちに航海を終え、厚木基地に帰還するようだ。帰還したら空がクリアなうちに撮影に出かけたいものだ。


Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-11-25 21:47 | 飛行機 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sappylblog.exblog.jp/tb/3894999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< What's up? Safari in Kenya... >>