S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
厚木基地のCVW-5 pt.2
 前回は、CVW-5の4つのF/A-18飛行隊を紹介したが、今日は縁の下の力持ちの存在である2つの飛行隊を紹介しよう。
f0117665_21155884.jpg①VAW-115 『Liberty Bells』
 E-2Cを運用している飛行隊。modex No.は600番台。特徴的な形状である。この飛行機は早期警戒機といわれ、背中に大型の円盤型レーダードームを搭載している。このレーダーは10秒に1回転し全方向を監視できる。敵地などで、このE-2Cが上空から情報を収集し、F/A-18などの戦闘機に知らせる。

謂わば、空の司令塔である。軍事目的の他に、メキシコでは麻薬の空中監視を行い取締りを行うときにも使われているそうだ。説明はさておき、このズングリムックリな飛行機をかっこよく写すには・・・?色々なアングルから撮影し悩んだが、今のところはアプローチ時にショートカットする捻りを500mm(35mm換算:800mm)くらいのレンズで正面から狙うのがよさそうだ。勿論、プロペラは程よくブラすくらいのシャッタースピードがよい。

f0117665_21164970.jpg②VRC-30 『Providers』
 C-2Aを運用している飛行隊。E-2Cの「お皿」がなくなったような形をしている。この飛行機は、荷物を運ぶ輸送機である。CVW-5は空母艦載機であることはすでに述べたが、空母と厚木基地との間の荷物輸送や人員移動のミッションを行っている。この飛行機は、厚木基地の中で最も撮影チャンスが多いのではないだろうか。CVW-5がクルーズ中でも時々厚木基地にミッションのために姿を現せる。クルーズ外のときも、訓練のためよくタッチ&ゴーを繰り返し、カメラマンを楽しませてくれる。
 このBlogを書いていると、早くCVW-5を撮影したくなった。まだまだ撮りたいカットがあり、それを試してみたい。まだCVW-5は、厚木基地には帰還していないようだ。今年中に1度くらいは撮影に行きたい!!

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-02 22:58 | 飛行機 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sappylblog.exblog.jp/tb/3955158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アカウソ 富士山 >>