S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
LangKawi 2007.  vol.1
昨日、日本に帰国しました。
f0117665_101048.jpg今回でランカウイ島は2度目。レンタカーで島内を移動するわけだが、道路も明瞭に思い出し、特に地図も必要なし。前回の風景や野鳥ポイントも勿論覚えていた。現地着は、8:00 p.m.で初日は、チェックインと夕飯を食べて終わる。夕食は、ホテル『ベルジャヤ・ランカウイ・ビーチ&スパリゾート』のレストランで、ナシゴレン、ミーゴレン、そしてタイガービール。

f0117665_114140.jpg2日目から、観光と撮影を始めた。風景は前回、田園メインで撮影したので、今回は海を絡めたモノが欲しい。あとは、今回の旅のメインである鳥撮影は、カワセミ系、特にチャバネコウハシショウビンというアカショウビンを大きくしたような鳥が撮りたい。



↑カササギサイチョウ。何とも熱帯らしい鳥だ。この鳥は見通しが悪い所か、高いところに留まることが多く、前回も撮影できたが葉が煩く、背景に白い空が入り、とても見せれる写真ではなかった。今回は、雨の中、目線の高さに抜けがとてもいい枝に留まってくれた。

f0117665_1461440.jpgランカウイ島は、マレー半島の西側、アンダマン海に浮かぶ島。美しい海と、まだ人間が手を付けていない自然が多く存在する、まさにネイチャーアイランド。そして、人間の居住区は、田園と牧草地が広がり喉かな場所。ギラギラにリゾートしていないところがとても好きだ。観光客も、欧州・豪州・アラブ・中国などの人々と、とても幅広い。

f0117665_22141.jpg今日の最後は、砂浜を歩くインドハッカ。この鳥は、東南アジアに関わらずドバイやサイパンでも見た。海外には幅広く分布しているようだ。ということで、カメラを向けることは少ないが、白い砂浜と青い海バックの構図だったので撮影。



ランカウイ島シリーズは、まだまだ続くヨ♪
まだ、主役たちの写真が出ていないし・・・。
by sappy_q | 2007-08-04 02:07 | 野鳥
<< LangKawi 2007. ... ランカウイへのたび >>