S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:野鳥( 166 )
シロハラ
 初見となるシロハラに出会った。
モジョモジョしてる中に何かいる・・・。ツグミかな?なんて余裕の気持ちでファインダーを覗いてみると、「・・・?」。すぐに名前が出てこなかった。
f0117665_2232489.jpgこれって、もしかしてシロハラかなぁ~?でも、枝が多く、すっきりした場所がない。あまり動くと逃げられるし・・・。このシチュエーションでベストと思う枝がボケてくれそうな位置で撮影。仕上がり見ると、意外にいいなぁー。白みのボケが柔らかくて赤みのある葉が効いて、何だかやさしい絵になったぁ。


お気に入りの写真となった。ん~、Gallery入りしようかなぁ。
しばらくすると、近くの枝へ飛び移った。

f0117665_22322831.jpg→すっきりした枝に一瞬止まり、連射。その後、遠くへ飛んでいってしまった。目が凛々しくてかっこいい。 一瞬の撮影チャンスだったが、満足する2枚の写真を撮ることができた。撮影後、この鳥を調べてみると、やはりシロハラだ。シロハラは笹などが茂った地面で生活するため観察がなかなか難しいとされているが、今回は見通しがいい場所で出会えた。僕にとって、とても貴重な写真が撮れた。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-07 22:33 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
仕事前のカワセミ pt.2
 最近、サボり気味であった仕事前のカワセミ撮影。今日は久しぶりに撮影してきた。
以前にもBlogで書いたが、ここのカワセミの動きは把握し、行く度に会えるようになった。でも、乗っかる枝や背景があまりよろしくない。普通は、この場所での撮影を諦めるが、ここは仕事前にちょっくら撮影する場所にちょうどいいのである。
頻繁に通いつめて、「いつかは!」と企んでいる。f0117665_20273035.jpg
←今日のカワセミ。相変わらず、いいところには乗っかってくれない・・・。カワセミの奥には川が流れている。朝食の魚を狙っていた。2回ほどダイブしたが、捕らえることができなかった。


f0117665_20274267.jpg→しばらくすると、その場を一歩たりとも動かず、起用にクルッとジャンプして180℃回転。僕に朝のごあいさつ。↑の写真と比べてみると、背景とカワセミの位置がまったく動いていないことが分かる。違いは、正面向きか背面向きかくらいである。おもしろい写真が撮れた。



 そのうちいい枝に乗っかってくれることを期待して、もうしばらくシツコク通おうと思う。
しかし、以前は、探してもなかなか見つけることができなかったカワセミを、今では毎朝見ることができるようになっただけでも良しとしなきゃね。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-06 21:19 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
アカウソ
 今日は自宅の近くの山で探鳥をしてきた。冬鳥がだいぶん揃ってきたようである。
f0117665_20341935.jpg 鳥を撮影して約2年。念願であった←『アカウソ(オス)』を撮影することができた!うれしぃ~♪
山を散策していると針葉樹の中から聞きなれない声が・・・。何だかオーラのある声だ。これはオオモノに違いない。カメラをスタンバイして待つこと10分、姿を見せた。
ファインダーを覗くと、「マジ!?ウソ!?ホントだ、ウソだぁ~」って一人で盛り上がり(ゴホッ、取り乱しました)、4カットほど連射した後、再び姿が見えなくなった。
喉がきれいなピンク色をして、マルマルした体つきをしている。なんとも愛嬌のある鳥だ。初撮りにしてはいい大きさで紅葉バックにクリアな枝に止まってくれ満足しているが、正面から撮影したかった。この鳥は喉から腹にかけてピンクのグラデーションとなっていてそれを正面からきれいに撮りたかったぁ。欲張ってはいけないと思うが、撮影した後はすぐに欲が出る。この冬に再会できるかな?再びこの地へ行き、次こそは正面を!

f0117665_20344368.jpg→アカウソのメスも撮影できた。勿論、メスも初撮りである。メスはオスのような赤みはなく地味な色をしている。↑のオスとは時間差でやってきた。ウソは小群で行動することを知っていたので、オスが行ってしまった後も、シブトクこの場所にいた。約4分後にこのメスを撮影することができた。作戦勝ち!!読み通りに、モノにできたときの喜びはまた大きい。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-03 22:41 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
キビタキ - 2006
 4~5月になると、東南アジア諸国から夏鳥として日本各地に渡来する『キビタキ』。
僕が野鳥の中で一番好きな鳥だ。梅雨時になるとキビタキを探し回る。風景も飛行機にも目をくれず、撮影の時間が許す限り、追い求める鳥なのだ。f0117665_21382639.jpg色合いも素敵だが、さえずりがとてもきれい。心を癒してくれる透き通った声だ。
薄暗い広葉樹林で生活する。見かけによらず素早い動きで「ブ~~ン」と音を立てて飛翔する。これは、生活するための武器なのだ。小さい虫を好物とし、飛んでいる虫を一瞬にしてキャッチする。何度か見かけたが、写真どころか肉眼で追うのも困難なほどである。

キビタキが最も多くなる6月~8月、この時期の野鳥の撮影はとても難しい。キビタキが好きな広葉樹林の森に行くと、この季節は葉が覆い茂り野鳥を探すことが困難。至近距離からさえずりが聞こえても、姿が見えない。見えたとしても、シャッターチャンスがないまま葉に再び隠れてしまう。

f0117665_21411955.jpg それに加えて、覆い茂った葉が太陽の光を遮る。つまり光が少なくシャッタースピード(SS)が遅くなる。野鳥の撮影は主に超望遠レンズを三脚にセットして行っているが、これでもミラーショックなどでわずかなブレが出る。快晴の中で撮影してもISO400でSS 1/10以下なんてこともある。野鳥を撮影しているカメラマンは、人それぞれでこの類の工夫をされている。↑は、お気に入りのシーンだが、わずかなブレが見てとれる。2枚目は、SSが遅すぎてISO感度を800にしてSSを稼いだが、ノイズが目立ち始めている。

う~ん、夏鳥を撮るのはブレとの戦いだ。
時間を費やした割りには、2006年のキビタキの写真はパッとしない。
腕を磨いて、来年がんばろっと。。。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-11-30 23:41 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
仕事前のカワセミ pt.1
 最近、休日の天気が悪く撮影欲が不燃焼気味・・・。仕事の前に撮影に行く機会が増えた。
以前から近くの川にカワセミが暮らしていることは知っていたがまともに撮影したことがなかったので、仕事前はこの川でカワセミだけに絞って撮影している。Galleryにもいまいちなカワセミばかりなのでいい作品を残すためにもこのターゲットに絞った。
 毎朝、行く場所は同じポイント。まずは、撮影よりもカワセミの行動パターンを観察。ずいぶん通ってやっとパターンが見えてきた。この川のバックは草むらで背景がよくなく作品になり難いが、パターンの1つに背景がクリアな枝に止まることが最近分かった。しかし、今のポイントからは遠く小さくしか撮れない。その枝に乗っかるカワセミを気付かれないように撮影できそうな場所を探索している現在である。早くソノ枝に乗っかるカワセミを撮りたいものだ。f0117665_2025298.jpg
←ツルが足元に・・・背景の枝たちも、ちとウルサイ。

 今のポイントで一番大きく撮れたものが↓。この日は曇っていて、背中のブルーラインの色がきれいに出た。目にも光が入り、きれいなカワセミをそのまま表現できた写真となった。ここまでは、大大大満足!
f0117665_21165233.jpgが・・・。止まっている場所が杭・・・。
野鳥を撮る際に、自分で勝手に決めているルールがいくつかある。
その1つに『人工物が入った写真はNG』。勿論、人工物が入ることでいい写真になることは多いが、撮影の意欲をあげるためにも勝手に決めたルール。要するに→写真は、Sappy!!ルール違反・・・。


Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-11-23 21:04 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
2006年の冬の鳥たち
11月中ごろになって、厚木辺りで冬鳥のジョウビタキやベニマシコをよく目にするようになった。今年は一番モノにしたいのはルリビタキ。Galleryに入れたくなる写真を撮りたいな!!今年はまだ姿を見ていない。。写真は6年くらいやっているが、野鳥を撮り始めたのはまだ1年ちょっと前くらい。実は、ベニマシコをまともに撮れたのもつい最近。でもまだGalleryに入れるほど満足してないんだぁ・・・。↓ベニマシコ(2006/11/18撮影)

f0117665_20445698.jpg野鳥は、思ったようには撮らせてくれない。1日回ってもボウズなんてこともよくある。やっと、現れたぁ~って熱くなっても小さい上にチョビチョビ動き回り、葉や枝にすぐに隠れてしまう。大きく撮りたくても近寄っていいことは1つもない。警戒心があり、“間合い”をとってないと逃げてしまう。
視界に入ったら、ただジィ~~っとして、その時を待つのみ。

f0117665_20444390.jpgようやくチャンスが訪れてファインダーに入ると即座にピント・構図・露出を決めないと撮り逃がすことになる。
←は、「おっ~~いい枝に止まったーチャンスだぁ~」。ピント決めて一発目のシャッターで「さよ~~なら~」ショット・・・(泣)




Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-11-21 21:28 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)