S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:飛行機( 193 )
Fly in !!
 昨日、CVW-5が約1.5ヶ月間のクルーズを終え、厚木基地に帰還した(Fly in)。昨日がFly inだということは事前に噂を聞いており、仕事の休みをとろうかどうか迷ったが、ドンヨリ気味の空となりそうだし今回はキャンセルした。
ということで、↓はFly inとは全く関係ない2004年撮影の写真。f0117665_2023863.jpg
 Fly inでの魅力は、CVW-5が1日でほぼ全機見られること、厚木基地上空に進入する際に編隊を組んでのオーバーヘッド、空母からの武器運搬のため各機が爆装モードで飛来することである。飛行機好きにはたまらないのである。中でもBu.No.(シリアルNo.)をチェックする人、爆装(吊るしモノ)が好きな人、塗装の変化を楽しむ人、カッコいい写真を撮りたい人などなど色々なジャンルがある。
 僕は勿論、写真を撮る人。写真な人は空が気になる。これが冬らしいクリアな空となったら、惜しみなく有給を使って撮影に行っていただろう。今回は、残念だ・・・。
しかし、ココも後数年で・・・なので青い空なんて贅沢言わずに今のうちに撮影に行かねばいけないなぁ~。さぁっ!通常訓練が始まったら撮影に行くぞぉ~♪

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-08 21:33 | 飛行機 | Trackback | Comments(0)
厚木基地のCVW-5 pt.2
 前回は、CVW-5の4つのF/A-18飛行隊を紹介したが、今日は縁の下の力持ちの存在である2つの飛行隊を紹介しよう。
f0117665_21155884.jpg①VAW-115 『Liberty Bells』
 E-2Cを運用している飛行隊。modex No.は600番台。特徴的な形状である。この飛行機は早期警戒機といわれ、背中に大型の円盤型レーダードームを搭載している。このレーダーは10秒に1回転し全方向を監視できる。敵地などで、このE-2Cが上空から情報を収集し、F/A-18などの戦闘機に知らせる。

謂わば、空の司令塔である。軍事目的の他に、メキシコでは麻薬の空中監視を行い取締りを行うときにも使われているそうだ。説明はさておき、このズングリムックリな飛行機をかっこよく写すには・・・?色々なアングルから撮影し悩んだが、今のところはアプローチ時にショートカットする捻りを500mm(35mm換算:800mm)くらいのレンズで正面から狙うのがよさそうだ。勿論、プロペラは程よくブラすくらいのシャッタースピードがよい。

f0117665_21164970.jpg②VRC-30 『Providers』
 C-2Aを運用している飛行隊。E-2Cの「お皿」がなくなったような形をしている。この飛行機は、荷物を運ぶ輸送機である。CVW-5は空母艦載機であることはすでに述べたが、空母と厚木基地との間の荷物輸送や人員移動のミッションを行っている。この飛行機は、厚木基地の中で最も撮影チャンスが多いのではないだろうか。CVW-5がクルーズ中でも時々厚木基地にミッションのために姿を現せる。クルーズ外のときも、訓練のためよくタッチ&ゴーを繰り返し、カメラマンを楽しませてくれる。
 このBlogを書いていると、早くCVW-5を撮影したくなった。まだまだ撮りたいカットがあり、それを試してみたい。まだCVW-5は、厚木基地には帰還していないようだ。今年中に1度くらいは撮影に行きたい!!

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-02 22:58 | 飛行機 | Trackback | Comments(0)
厚木基地のCVW-5
今日は、飛行機写真をよく撮りに行く厚木基地の飛行機たちを簡単に紹介しよう。
ここ厚木基地に配備されている米軍の航空機は『CVW-5(第5空母航空団)』に所属している。名前の通り、横須賀を母港としている空母キティーホークに搭載されるアメリカ海軍の航空戦力部隊である。このCVW-5は2006年現在9つの飛行隊を持っている。今回は4つのF/A-18部隊を紹介しよう。f0117665_19461143.jpg
①VFA-102 『Diamondbacks』F/A-18Fスーパーホーネットを運用している飛行隊。modex No.は100番台。F-14Aトムキャットを運用していたVF-154が2003年秋に本国に帰国したときに配備された飛行隊。離陸が高くいい写真を撮りにくいが、CAG機の塗装が派手で人気も高い。
←VFA-102のCAG機#100。


②VFA-27『Royal Mace』
F/A-18Eスーパーホーネットを運用している飛行隊。modex No.は200番台。VFA-102 以上に離陸が高く、離陸の撮影はお手上げ。

f0117665_19561130.jpg③VFA-192 『Golden Dragons』F/A-18Cホーネットを運用している飛行隊。modex No.は300番台。離陸も低くカッコいい写真が撮れる確率が高い。ルート4での離陸では、大きく捻って背中が見えるときも。→薄く捻りながら離陸するVFA-192 の#313。離陸の撮影は、捻り具合も楽しみの一つ。背中が丸見えに捻ったものをこの界では『バックリ』という。
f0117665_207830.jpg④VFA-195 『Dambusters』F/A-18Cホーネットを運用している飛行隊。modex No.は400番台。VFA-192と同様、かっこいい写真が撮れる確率が高い。
←VFA-195 のCAG機#400。各飛行隊のCAG機も飛行隊カラーを基調にド派手塗装が施されている。【CAG機とは・・・空母航空団司令官が乗る戦闘機。隊長機みたいなもの。】
現在は、このCVW-5の面々もキティーホークに搭載され航海中で、厚木基地には不在である。近いうちに航海を終え、厚木基地に帰還するようだ。帰還したら空がクリアなうちに撮影に出かけたいものだ。


Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-11-25 21:47 | 飛行機 | Trackback | Comments(0)