<   2006年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧
撮り収め
 今年もあと数分となった。
昨日も書いたが、撮り収めは野鳥と決めていた。f0117665_072388.jpg
猛禽類は結局スカ。でもハトが襲われた痕が2ヶ所見つかり、やはりいそうな気配が。今日は無理だったが、あと3日チャンスがまだあるかなぁ。2006年の撮り収めは←冬鳥のシロハラ。以前も書いたがシロハラがクリアな場所に現れるのは珍しいが、今日のカットはイメージ通りの構図でコケムシの上にgreenバック。シロハラbest shotとなった。
 
 今年はケニアを始め色々な場所に行き、多くの撮影を行った。そして『Sappy!!』も数ヶ月前から皆様に公開することができ、僕にとって大きな年となった。そして多くの皆様から作品を見て頂き、感想や応援を頂いたりと僕にとって大きな励みとなった。
来年もSappy!!をよろしくお願い致します。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-31 23:57 | 野鳥
帰省
 今日は、正月休みを福岡の実家で過ごすために帰省した。
f0117665_17171620.jpgいつも飛行機で帰るけど最近の料金が高く、今回は新幹線をチョイス。乗車時間は長いが、実家につく時間は結局飛行機の場合と同じくらい。初めて新幹線で帰省したが、なかなか快適だ。座席周りも飛行機よりもゆったり。駅弁食べて、足伸ばしてリラックス。実家に着いたら撮影に行く気満々だったので、酒は飲まず。


 実家に着くと、いつものラーメン屋「福龍軒」へ。撮影に行こうと思ったけど、一足先に集まった親戚とかと時間を過ごしていると行く気が失せた。最近、意欲がないなぁ~。

 実家近くには、干拓地の荒野地帯があり猛禽類がいそうだ。今回はコミミズクを撮影できるのでは・・・と淡い期待を持っている。確認はしていなく、ただいる雰囲気があるだけ。ただの妄想・・・。明日は雰囲気のある場所へ偵察して、野鳥で今年を締めようかな。
↑イメージです(猛禽類サシバ)

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-30 17:43 | その他
大掃除
 今日は、すごくクリアな日となった。
我が家からも富士山がヘイジーにならず一日中見ることができた。f0117665_20262633.jpg
でも撮影には出かけずに、今日は毎年恒例の我が家の大掃除の日である。天気がよく気持ちがよく掃除ができた。リビングなどはいつもきれいに整理されて、埃もない状態を保っているけど目に付かない押入れなどが乱雑。今日は、そこらへんを重点的に掃除した。
結局、粗大ゴミも含めて多くのゴミが出て、トランク一杯になった車で焼却所まで捨てに行ってきた。
f0117665_20292096.jpgあ~すっきりした!!
↑→今日も関係ない厚木基地の写真から。
結局、先日のFly-in以降、今年は厚木基地に撮影に行くことができなかった。都合と天気が合わなかったので仕方がない。今日もギャラリーが多かったそうだが、フライトはE-2Cがあっただけだそうだ。話や情報を思い出すとそのFly-in以降、天気が良くてもフライトが少なめの日が多かったような気がする。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-29 21:00 | 飛行機
仕事納め
今年も後僅かとなりましたね。
f0117665_2127313.jpg 明日から待ちに待った冬休み。だけど、これといった予定はなく、自宅の大掃除をして実家に帰省するくらい。いつも休みになるとどこか旅行を計画するけど、今回は実家でゆっくりと寝正月で過ごそうかな。正月は親戚がワイワイ集まって、飲んで食ってとても楽しいんだよね。
あ~楽しみだ。

今日は関係ない写真を。
←Arabian Night(ドバイにて)
砂漠の丘にラクダが座っていた。ぎりぎり月も入れることができたが高すぎる・・・。1,2日くらいではイメージ通りに行くわけがないけど、月が低く大きければなぁ・・・と未だに思う。
空の色を出すのに苦労した。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-28 21:42 | 風景
普通種
僕のフィールドで一年通して見ることができる普通種の中の3種を紹介しよう。
この3種は、警戒心が薄く最も撮影しやすい野鳥だろう。日本人なら一度は耳にしたことがある鳥かもしれない。
f0117665_2227090.jpg
←メジロ
メジロはどんなときでも僕の相手をしてくれる。このフィールドに行けば必ずあいさつに来てくれる。

f0117665_22292052.jpg
→ヤマガラ
ツィツィツィと近寄ってくれる。人間に警戒心があまりない。時には、お目当ての鳥を待っていると望遠レンズに止まってくれることさえある。木の実を足で押さえて、嘴で実の皮を割る。このトントントンという音が静かな朝の山に響く。


f0117665_22325861.jpg
←シジュウカラ
ジュクジュクジュクと地鳴きが特徴あるシジュウカラ。こちらも警戒心が薄い。黄色の肩が美しい。






Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-26 23:31 | 野鳥
Merry Christmas 2006
f0117665_1984663.jpg
Merry Christmas!!

「サンタさ~~ん、、レンズほしいよぉ~」


まともに撮ったクリスマス写真があまりないです。
昔に撮ったヘボ写真ならありますけどね。
多分、これからもこの手の写真は増えないでしょう(笑)






Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-25 21:45 | その他
イブ
今日は、クリスマスイブですね。f0117665_21392883.jpg

皆さんはいかがお過ごしですか?
実家で姉夫婦とゆっくりして、夜は我が家でクリスマスパーティーをしました。

風邪ひいてしまって頭がボォ~っとしています。
咳、鼻水、喉がやられましたぁ~。

←テキトウに撮影したので、配置などはご勘弁を・・・






Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-24 22:17 | その他
餅つき
 今日は、妻方の親戚が集まり、毎年恒例の餅つきをやってきた。
f0117665_21322660.jpgもち米2升を臼に入れ、杵で押しつぶす。段々と粘り気が出て米同士がくっつくと、餅つき本番だ。この一連の作業は、とても疲れる。僕は初めての餅つきだったけど、ベテランのおじさん達はとてもスマートについて疲れもない。どうやら、いろいろと餅つきにもフォームがあり、下手くそだとどうしても力が入り、無駄な体力を使っているらしい。
今日は3臼ついたけど、もうヘトヘト・・・。(昨日から風邪気味のせいもあるかな)
でも最後のつきは、フォームの特訓の成果もあり、なかなかいい音を出してつくことができた。餅は、白餅、ゴマ餅、豆餅を作った。

朝から酒を飲み、温まりながら餅つき。とても楽しく年末の気分を味わった。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-23 21:37 | その他
ホオジロ
 普段の探鳥では、パスしてしまうホオジロさん。
f0117665_20391669.jpg今日は、久しぶりにカメラを向けた。って、お目当ての鳥が来なくて暇つぶしに遊ばせてもらった。ホオジロは、全国にいる留鳥で日本人にはお馴染みの野鳥だろう。
山や草原でチッチッチと地鳴きの声をよく耳にすることができる。囀りもなかなか綺麗だ。
←ススキに乗っかるホオジロ。(オス)

f0117665_20474075.jpgパスしていたせいか、ホオジロのメスを初めて見たような気がする。

→朝日を浴びるホオジロ(メスかな!?)。あまり絵にならないススキに乗っかってしまい残念・・・。背景はカッコいいんだけどなぁ。




Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-22 21:26 | 野鳥
Masai People
 アフリカ最強と呼ばれる『赤い戦士』、マサイ族。ケニアとタンザニアの国境付近に住んでいる原住民だ。ケニアには48の部族がいるが、その中でもマサイ族は最も伝統的な生活を守っている誇り高き部族なのだ。植民地時代も屈せずに、現代もマサイスタイルを受け継いでいる。
f0117665_2281058.jpg マサイの赤い布は、もともとは動物の血で染め、血匂いから動物を寄せ付けない効果を持っていたそうだ。今では、その伝統はないようだが、こうして"赤いマント"を装っている。
マサイの男の仕事。それは、牛の放牧。牛はマサイにとってかけがいのない財産である。毎日、何十頭の牛を連れて広いサバンナへ草や水を与えに出かける。その男の手には槍と棍棒。牛を襲ってくるライオンなどと戦うためだ。成人の儀式では、成人する男は槍を渡され、ライオンを殺すために旅に出る。槍に殺したライオンの血を塗って帰ってきて初めて村の一人前の男と認めてもらえるそうだ。
勿論、サバンナの真ん中にある家を猛獣から守ることも男の仕事だ。

 
 女性の仕事は、子育てと家事。家事といっても、料理や洗濯だけではない。水道やガスは通っていないので、広いサバンナを何kmもの距離を歩き、水を汲んだり、薪をとりに行くそうだ。もう一つ、Culture Shockだったのが、家の建築だ。

f0117665_22121522.jpg家を建てるといっても、骨組は雑木の枝で作り、牛の糞と土を混ぜて乾燥させた壁でできている。垣根はトゲが多いアカシヤを編みこんで作ったもの。部屋の中にもお邪魔したが、とても風通しがよく糞でできているにも関わらず、匂いはまったくしない。家を建てるのも女性の仕事とは・・・。驚いた。


f0117665_2303749.jpg食事は、ヤギのミルク、ウガリ(トウモロコシを挽いて粉にしたもの)、ヤギ肉を使った料理が主体。マサイ族は、決して野菜を食べない。野菜を作るために農耕することは、財産を失ったことを意味するからだ。




↑マサイ族にお願いして、記念に写真を撮らせてもらった。
集落にお邪魔したお礼に、僕が撮った『Mt.Fuji』のポストカードをプレゼント。ポストカードが役に立つかは分からないが、すごく富士山の美しさに感動してくれてとても嬉しかった。左の彼が、ポストカードをこちらに向けてポーズしてくれたのでとても思い出に残る写真となった。

*これらの写真は、事前に集落への訪問アポを取り、許可を得て撮影したものです。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2006-12-21 23:29 | ケニア