<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
長野遠征 pt.2 ~アカショウビン~
この遠征でこいつに出会えるとは思わなかった・・・
f0117665_21393478.jpg夏になると東南アジア周辺から渡ってくる「アカショウビン」。かなりレベルの高い遭遇率だ。
一方、八重山諸島に亜種の「リュウキュウアカショウビン」がいるが、こちらは西表・石垣島に行けば比較的簡単に撮影できる。この「アカショウビン」と「リュウキュウアカショウビン」の容姿はほとんど同じ。

大きくアカショウビンだけ撮影しても貴重な「アカショウビン」なのか、八重山諸島で撮影できる「リュウキュウアカショウビン」なのか、判別できない程度。

f0117665_21445729.jpg写真として価値が出るのは、とまっている木の種類。
「リュウキュウアカショウビン」は、マングローブの枝など樹皮が濃い茶色のものが多く、葉が覆い茂っているシーンが多い。そして、夏に渡ってくる「アカショウビン」は、中・高山地帯に入り夏を過ごす。



そう、「アカショウビン」と分かりやすい証拠にするためには、この中・高山らしい木に止まること、初夏の新緑が芽生えた枝が好ましいと思っている。
上2枚の紹介写真は、長野の山地で見られる「科の木(シナノキ)」に止まった「アカショウビン」。
妻は、アカショウビンの姿もそうだが、独特の鳴き声が大好きだが、このときは一緒ではなかった。う~ん、残念。この写真を見せたら、かな~り羨ましがられた。そして、「西表島に見につれてってよ♪」とポツリ。

f0117665_21593852.jpgしかし、このアカショウビンを「死ぬまでには一度撮影してみたい!」と思っていたほど。それが、撮影できるとは・・・。
これまでは、ソレを癒すために石垣・西表島で「リュウキュウアカショウビン」を追いかけてきた。う~ん、感動!!



↑こちらは西表島で撮影した「リュウキュウアカショウビン」。
このときも、凄く嬉しかった。やはりリュウキュウでも魅力が大きい鳥です。一番好きかな。
by sappy_q | 2007-05-30 22:03 | 野鳥
長野遠征 pt.1
とにかく、この地は抜けがいい枝が多く、背景の色もいい。
f0117665_2362429.jpg大きく野鳥を撮影するのもいいが、小さめで背景を大きく入れてもいい感じ。でもなかなか難しい。広い範囲で背景がクリアな条件はなかなかない。
アカハラが大きすぎず、小さすぎずのいい距離で、背景がクリアな折木に上がってくれた。背景に写った白樺の木がとても映える。



f0117665_23105333.jpg横になが~く伸びた枝に、コサメビタキ。
広いクリアな背景の中に、小さいコサメビタキが映える。コサメは自宅付近にはいなく初撮りとなったが、この地では巣を作りとても多く見られた。




f0117665_23155952.jpg
←イナバウアーなゴジュウカラ。





f0117665_2320407.jpgゴジュウカラは、高い木の幹でコチョコチョ歩き回るが、この時は低い枝でコチョコチョ。
←まん丸になってリラックスしたゴジュウカラ。目下の橙色の線が何だか化粧みたいでかわいいですよね。バックの緑もきれいでした。





今日の長野遠征成果は、ここまで。
次は、驚きの成果をお見せしますよ~♪
by sappy_q | 2007-05-28 23:27 | 野鳥
遠征から帰還
今かえりましたぁ~。
野鳥撮影にソバに温泉に、、とても満足しましたよ。
成果は、たくさんあります。今回の遠征からGallery入りしそうな写真が結構あります。f0117665_23105889.jpg
野鳥は、キビタキ、クロツグミ、コルリ、アカハラ、コサメビタキ、アカゲラ、ゴジュウカラ、ミソサザイなど。そして、、、スペシャルなバードゲストを撮影することができた。本州では、撮影したこともないし、多分撮影できないかな?ってちょっと諦め気分だったから、かなり感動した。
詳細なご紹介はまた後日。

↑日本で一番小さいといわれている「ミソサザイ」の囀り。
ノートリでこの大きさで、グリーンバック。なかなかいいでしょ?
by sappy_q | 2007-05-27 23:12 | 野鳥
遠征の予定
今週の土日に長野の蕎麦どころへ遠征に行ってきます。
f0117665_034174.jpg目的は、野鳥。キビタキ、コルリ、オオルリ、クロツグミ、ミソサザイ、アカハラ、ゴジュウカラなどなど。時期的には、ちょうどいいんじゃないかと思う。ではでは、成果を楽しみにしておいてくださいね。(自分へのプレッシャー)
そして鳥撮りが終わったら、蕎麦食って温泉へ。楽しんできま~す♪
by sappy_q | 2007-05-25 00:35 | 野鳥
Team
バスケットを再開して約2ヶ月。
f0117665_2317044.jpgとうとうチームを結成。最初はみな他人だったけど、今となってはチームとして一緒にプレイする。う~ん、すごいね。

んで、僕のポジションはパワーフォワード。中への切り込みタイプ。
このチームは、僕が提案したんじゃなく、チームの2人が色々な人のプレイを見てピックアップ。その人達のお陰で、かなりいいチームに仕上がった。うちのメイトは、日本人スタイルのプレイをする人がいないんじゃないかな。みんな、うまい。解雇されないようにがんばらなきゃな。まだ試合には出る予定ないけど、練習ではまだ無敗。結構、つよいんじゃない?一応、週一で練習してみることに。


↑バリヤシ
by sappy_q | 2007-05-22 23:18 | その他
Yellow-Green
昨日の在庫からキビタキを。
質が悪いが、プライド捨ててご紹介。
f0117665_22101082.jpg←目にキャッチライトなキビタキ。



f0117665_2212682.jpgこのポイントは、かなり暗い。木漏れ日が少しでも入ると←のようにコントラストがキツイ。




f0117665_22155848.jpg光が落ち着いていい色が出たが、足がミエマセン・・・。バックもなかなか良かったが、、う~ん、なかなか条件が揃わないものだ。




f0117665_22183622.jpg←いい表情でキャッチライトな目だけど、光が・・・。バックも乱雑で落ち着きませぬ




f0117665_22285353.jpg先週のキビタキはこんなところでしょうか。まだまだ課題を残したキビタキ撮影でした。
by sappy_q | 2007-05-21 22:30 | 野鳥
プチ遠征
朝4時に自宅発。
f0117665_2243546.jpg今日は、山中湖村で探鳥。勿論、目標は、キビタキ。さぁ、どうなることやら。日の出直後は、風景撮影をして楽しむ。←a.m5:15に撮影。もうこんなに明るいだなぁ、最近は。本当は日の出前から富士を撮りたかったけど、日の出時刻をチェックせずに感覚に頼ったのが敗因。でも、空がきれいな青が出ているのでセーフかな。

f0117665_22445140.jpg←上の5分前の空はこんな感じ。日の出直後って、空の色が急激に変わっていくから被写体を迷っている暇がない。ニッポンのライステラス(とでもいいますかぁ・・・)。

f0117665_22555491.jpg

さてと、探鳥ポイントへ。車から降りると沢山のさえずりが聞こえる。
「おっ、いるいる!よ~し、見つけてやるぞぉっ!」
→この夏の目標のキビタキが『今年も勝負!!」と睨みきかして上からあいさつ。



f0117665_22551596.jpg
今日は、キビタキをかなり多く撮影できた。やっぱり違うな遠征すると。でも、量は増えたがGallery入りできるようないい写真がない。というか、色が出ていないというか、濁っているというか・・・




f0117665_232760.jpg他はオオルリ、ムシクイ、などなどが撮影できた。←ミソサザイが盛んに囀っていましたよぉ。一応、初撮りです。





f0117665_2353850.jpg今日は、ちと疲れたので後日写真を紹介しますね。
来週は、大遠征を計画中。今回はほんのキビタキとの腕ためし!
来週はカッコいいのが撮れて、Gallery入りします!・・・の予定。
by sappy_q | 2007-05-20 23:07 | 野鳥
今日の空振りライフ
今日は、午後過ぎから時間ができたので、先週にキビタキを確認したフィールドへ。
f0117665_20261100.jpg車から降りるとそこらじゅうからキビタキのさえずりが聞こえる。ちょうどこの時期は、この夏に向けて縄張り争いが続くため、主張しているのだ。しかし、時間が遅いためか声は聞こえど、姿が見えない。座間に用事があったので2時間ほどで終わり。成果は、←キビタキのメスのみ。しかも証拠写真。空振り。

17時くらいに用事を済ませ、せっかく近くまで来たし、厚木基地に行ってみることに。
f0117665_20262692.jpg予想の通り、休日にも関わらず、Fly-offの準備のため動きがあった。18時半頃まで展開したが、#310,#307,#210,#100が離陸。増量タンクを付けてのフライトなので、恐らく出航しているKitty Hawkへ向かうと思われる。でも、まだ完全にFly-off態勢ではないので、また厚木に戻ってくるのかな?

↑せっかくのR/W01上がりだったけど、ストレートの上がり。日没後の撮影にチャレンジ。(ISO800, S.S 1/60)
by sappy_q | 2007-05-19 20:30 | 野鳥
Bali 2007  ~Wild Life~
バリの日の出は6時頃。毎朝、日の出頃にホテル周辺を撮影散歩。
f0117665_21472314.jpgこの時間帯は、日が低く風景もきれいだし、野生動物も活発に動くころ。毎回、海外に来るとその地の自然を楽しむために早起きする。←ライスフィールドの日の出。この場所に来る頃には、日が高くなってしまい空の色があまり出なかったが、雲のおかげで太陽光線が現れ田園をスポットライトのように照らしてくれた。

f0117665_2149457.jpgジャングルの中では、美しい鳥の声が聞こたり、木を1本1本注意深く見ていくと、昼間では見かけない小動物などを多く見ることができる。←アリを狙うトカゲ。太陽が低い時間帯の逆光は、美しい。トカゲの輪郭とアリの透明感を演出してくれた。

f0117665_21593019.jpg肝心のお目当ての鳥ジャワショウビンの声は聞こえるものの、姿がなかなか見えない。でも、日本ではお目にかかれない鳥を数種撮影できた。→バリの鳥から"Javan Munia"。名前にJavan(ジャワ)と付いているように、この鳥はジャワ島、バリ島とスマトラ島南部でしか生息しない。バリでは普通種だが、日本人としては貴重だ。

f0117665_2211483.jpgマレーシアでもそうだったが、ジャングルにカニクイザルが多く生息していた。人間に警戒心がなく、日本のようにエサを求めて襲いかかるようなことはない。毎回、出会うときはノンビリ中のカニクイザル。





f0117665_2227684.jpg←木で忙しくリスが動き回っていた。毎朝見られたが、日中では全く姿を見ない。動きがとても素早いし、止まってくれない。960mm相当の超望遠で追うのは至難の業。カメラマン泣かせな動物だ。チャンスは多かったが、いいのが撮れなかった。


f0117665_22142059.jpg最後に、子育て中の赤ちゃんを抱いたカニクイザルもいた。とてもかわいい赤ちゃん。赤ちゃんが主体となるように撮影した。ちなみに、このカットは先日購入したEF70-200mm F2.8L IS を使用。絞り開放F2.8で親ザルを薄くボカした。このレンズを買っていなければこのような絵はできなかっただろう。

その他の動物写真は、すべて960mm相当で撮影。
重量が重い望遠レンズを数本抱えての撮影は、とてもキツイ。






今日は、ここまで。続きは、また後日。

Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2007-05-14 22:32 | 風景
ちびヤン 2007
今日は、厚木基地の海上自衛隊の基地祭。
f0117665_2113734.jpgいつも行かないが、P-3Cのデモフライトでも撮りに行こうかなっということで行ってみた。しかーし、毎年やっているP-3Cのデモが今年はなし。結局、デモフライトは←UH-60Jのみ。ものたりない・・・。



f0117665_2123684.jpgU.S.NAVYからは、#200, 300, 500が地上展示に参加。これも#200以外は桜祭りで撮ったのでいまいち。
→#300をアンダーめに撮影し、キャノピーの質感を出してみた。












f0117665_2115185.jpg遠征しないと、デモフライトを撮影できない最近。国内で遠出してお決まりのデモフライトを撮影するよりも米・オシアナなどでガッツリド迫力のデモフライトを撮影したい。今年は、横田基地オープンハウスと百里基地祭に行く予定。

←やはりちびヤンということで、『Caravan』のマーキングを。



Web site 『Sappy!!』   ⇒http://www.geocities.jp/sappy_q/
by sappy_q | 2007-05-13 21:17 | 飛行機