S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ハイレート
更新できない日が続きますが、まだまだアカショウビン続けますよー
f0117665_2324443.jpgイジッてないですよ。ほんとにハイレートクライムだったんです。
ビビリました。

こんなことされたら追えません。この後フレームアウト。

フェイクされました。
by sappy_q | 2008-05-30 23:24 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
ドシャブリ
f0117665_22385566.jpg大粒の雨No1はこのシーンだった。
もの凄い雨音が森を響かせた。バケツを・・・ってやつだ。
レインカバーでなんとかしのいだが、真っ暗+雨がレンズを叩き、ブレる。なんとか、工夫して残した1枚。

f0117665_2239436.jpgこの豪雨の後に出会った別の個体。
さすがの雨足に参ったのか、目と羽の様子から何となくお疲れモードなアカショウビン。

f0117665_22414982.jpgカンムリがずぶ濡れでペチャンコ。。。
でも目つきは相変わらず、食われそー
ずぶ濡れカンムリワシは、このシーンのみだった。背景が白くて雨足が表現できなかったのが苦。
by sappy_q | 2008-05-26 22:51 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)
アカショウビン
f0117665_1742112.jpg間空けたけど、アカショウビンの続き。

f0117665_18384021.jpg葉がしっとり濡れると深みのある色に。

f0117665_1843047.jpg写真を組むとやはりマリンブルーが欲しい。今回は、腕と天候がついてこず色が出ず。

f0117665_18502590.jpg雨が降ると活発にハンティングしていたアカショウビン。最もハンティングシーンが多かったのは←カタツムリ。殻を石などに叩き付け、ご馳走の中身を取り出す。叩き付ける音は森に響き渡る。

f0117665_19135113.jpgこのような食生活のためか、アカショウビンは嘴が欠けている個体が少なくない。僕は、嘴がきれいな個体を好んで出すようにしている。

f0117665_1974944.jpgまだまだ、こんな感じで続きます(笑)
by sappy_q | 2008-05-25 19:19 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
そろそろ、また
おいらの出番かな。
f0117665_21521539.jpg
by sappy_q | 2008-05-19 21:52 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)
渓流リサーチ
6時から3時間だけ、この前の渓流を探索。
f0117665_21514486.jpgヤマビル対策としてニーブーツは必須。渓谷に着くと、オオルリのさえずりがアチコチから。う~ん、いい声だ。ミソサザエが囀っている場所をみると、ツガイで巣材をせっせと運んでいた。ちょっと撮影しにくい場所だが、何とかいけそうな感じ。今日は偵察なので、次回ゆっくりと撮影しようかな。

f0117665_220354.jpgこれまでなかなか縁がなかったキセキレイ。渓流の鳥の代表的な種類かな。
←囀るキセキレイ。


f0117665_2222319.jpgオオルリの囀りがおおく聞こえるも、なかなか姿見えず。渓谷を見下ろす場所で、近距離で目線の高さで姿が見えたものの撮らせてくれなかった。

←新緑の中で、囀るオオルリ。


f0117665_2295131.jpg新緑の中で水の音、森の匂い、鳥の声ですごくリラックスした朝だった。
来週はゆっくり時間が取れそうなので、ヤル気出していこうかな。
by sappy_q | 2008-05-18 22:11 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
厚木基地
八重山は一休み。
f0117665_19284374.jpg#今日はお休みの日。とっとと用事を済ませて、久しぶりの厚木基地へ。


f0117665_1928939.jpg午前の降り組みに間に合った。なので光線まったくダメダメ。#200をまともに撮れないジンクスがある。

f0117665_19344157.jpg光線は時間の問題だけど、どうも空がイケてない。もうすでにヤル気なし。

f0117665_19533198.jpgやっぱり、飛行機は青空で撮りたいね。段々と青空がなくなってきたので午後一で撤収。

f0117665_19381363.jpgそして、自宅近くの気になる渓流があるので、寄ってみる事に。
オオルリの声が結構する。キビタキ、ミソサザエも。
姿は見えなかったけど、へぇ~結構いそうな雰囲気。今日は下見して、次回は早朝から来てみようかな。自宅近くで、誰もいなくて夏鳥を堪能できる場所探しが今のマイブーム。
by sappy_q | 2008-05-16 19:56 | 飛行機 | Trackback | Comments(3)
雨リュウキュウ

f0117665_20535125.jpg日が少しだけ出た日もあった。それはきまってサンセットまじかの時間帯。

しかし、すぐにおもーい黒い雲がモクモクと。
お陰で水面のコントラストがきれいだ。

f0117665_2122593.jpg暗ーい雨の森の中で。


f0117665_2055727.jpg海がらみで撮りたかったハイビスカスも雨でシットリと。


f0117665_20554968.jpg雨は、セマルハコガメにとってもカッコウの天候だ。今回の旅では、雨が特に強くなるとよく見かけた。


f0117665_19301891.jpg枝にできる雫からみを色んなシーンで撮りたかったが、深い森の中のためか、なかなか雫ができる条件が難しかった。

f0117665_193351100.jpgこいつは紫色が強い個体だった。ちょうど僅かな間、日が差したひと時。


f0117665_2056378.jpg昼に北の方にそば食いに行ったついでに、畑で佇んでいたカンムリワシの成鳥。
ハンティングの気配はなく、ただ雨宿りしている印象だった。
by sappy_q | 2008-05-13 19:46 | 野鳥 | Trackback | Comments(5)
一息
f0117665_23474966.jpg来週まで更新できないけど、まだまだ八重山特集っていうか、アカショウビン特集続きますので、よろしくお願いします。

(そろそろシツコイ??)


f0117665_01756.jpg
f0117665_0235920.jpg
f0117665_23551135.jpg
by sappy_q | 2008-05-09 00:24 | 野鳥 | Trackback | Comments(3)
八重山の休憩

f0117665_20412621.jpgなんとなく川平に行き、海はNGだったので八重山そば食って休憩。


f0117665_20424467.jpgほんのひと時の雨上がりに、干潟に行ってみるも、何もいず。


f0117665_20454366.jpgアカショウビンな森に戻る途中に、ヤツがいそうな気配がしたので農道で車をゆっくりローリング。
むっ、やはり。
白いカンムリワシ。真っ白なやつも撮りたかったけど、今回は若いのはこの個体のみとなった。こいつも国指定天然記念物。
前半は、アカのみに集中したいので、そそくさとジャングルへ向かう。
f0117665_21245589.jpg
またまた寄り道して、アカがいる有名な公園によってみる。まぁ、ボチボチいるようだ。
コーヒー飲んで休憩していると、遠くのベンチテーブルにアカが遊びに来た。
f0117665_21372724.jpgそして、いつものジャングルに戻る。

f0117665_21291688.jpg通常モードへ。


f0117665_21344668.jpg好みが分かれそうな構図だけど、雰囲気が出ていてとても好きな1枚。


f0117665_21394822.jpg愛嬌のある表情のアカショウビンで、今日は終わり。

まだまだ、続編ありますよ~
by sappy_q | 2008-05-07 21:42 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
雨のジャングルで
f0117665_21464723.jpg熱帯森林が多く、日本とは感じさせないジャングル。


f0117665_21482263.jpg僕が滞在した5日間の8割は雨が降っていた。蛙などをハンティングするアカショウビンは格好の条件。

f0117665_2158297.jpg前回の滞在では、天気がいいせいか、出が悪くあまり撮影できなかったが、今回の悪天候では多くのシーンを撮る事ができた。初めは警戒心が強かったが、日を重ねるにつれて受け入れてくれたようだ。


f0117665_2155974.jpgジャングルを歩く中、独特の木々を見つけ必死に撮影した。←はギランイヌビワの根。
雨でシットリした樹皮が雰囲気をつくってくれた。


f0117665_220159.jpg南西諸島の雨は、粒が大きくメリハリが強い。突然、バケツをひっくり返したような雨足になりカメラのレインカバーをしめなおし、先に進むと、「セマルハコガメ」がトコトコと地面を這っていた。ここ八重山の動植物には数十種の国指定天然記念物が存在するが、セマルハコガメもその1種類。


f0117665_22132816.jpgそんなドシャ降りの中、暗い森の中で出会ったアカショウビン。撥水加工された体であることがよく分かる。

f0117665_226259.jpgこちらは3日後に撮影したアカショウビン。連日の雨のためか撥水機能が弱くなり、羽毛がシットリと濡れていた。これまで野鳥を撮影してきて、このようにずぶ濡れになってしまった鳥は初めて見た気がする。





今日は、ココまで!続きをお楽しみにぃ~
by sappy_q | 2008-05-05 22:18 | 野鳥 | Trackback | Comments(3)